遺産分割の4つの方法

4つの遺産分割の方法をご説明いたします

いざ、遺産分割協議書を作ろうと思っても、そもそもどのように遺産を分ければよいのかが悩みどころです。

基本は法定分割ですけれども、なかなか割り切れないのも事実です。

遺産分割でよく用いられる4つの分割方法を、簡単ですけれどもメリット・デメリットを交えて御紹介いたしますね。

その1:現物分割

家と銀行預金のうち**銀行分は妻、自動車と株券は長男、長女は現金の全てetcといった具合に、現物をそのまま分けて相続する方法です。

完璧に公平に分ける事は無理ですけれども、基本的にはこの形でわけることが一番おすすめですし、一番ベーシックなわけ方です。

※弊所のセルフキットの中に含まれている遺産分割協議書シンプルバージョンは現物分割に相当します。

その2:代償分割

中には、大きな不動産が一つだけ、あるいは多額の預金が一つの口座にあるだけ、の時などは上記現物分割がままならなくなってしまいます。

そんな時は、一部の相続人が相続分よりも多く遺産を取得し、その代わりに、他の相続人に代償分支払うことを代償分割といいます。 (場合によっては債務を負うこともあります。)

特に不動産を一人の方が相続する場合、その売却に伴う税金負担もありますので、その分を加味して分割される事をおすすめします。

※弊所のセルフキットの中に含まれている「遺産分割協議書セルフキットルバージョン」は現物分割と代償分割の両方に対応しています。

その3:換価分割

相続財産を売却し、それによって得たお金を分割すると言う方法です。

例えば、家と不動産を3,000万円で売却し、兄弟2人で1,500万円ずつ分割するという方法です。

こちらも特に不動産の場合は、譲渡税の負担が問題になりますので、換価分割を検討の方は必ず専門家にご相談なさる事をおすすめいたします。

その4:共有にする

不動産など名義を変える必要のある相続財産を、長男と次男で2分の1ずつの共有持分があるものとして登記する方法です。

共有は法定相続分どおりに分ける際に便利ですけれども、いざ売却する時に兄弟間での折り合いがつかない等のトラブルが散見されますので余りおすすめできません。

遺産分割協議書の雛形と記入例マニュアル


このページの先頭へ

「遺産分割協議書」と「相続登記」は書式を使って自分でトライ!雛型を使って自分で出来る相続手続きをお教えいたします。